熱帯魚水槽のバクテリア

2010年6月9日

バクテリアのもとって、本当に役に立つのでしょうか?実際に試してみました。使用したのは日本動物薬品のバクテリアアンプル、商品名は「バクテリア 水をきれいにする」と箱に書いてあります。

用意したのは45センチ水槽。フィルターはエーハイム2215。テストにならないので吸着濾材は一切つかいません。テストフィッシュは5匹のキアトファリンクス・フルキフェールです。底にはサンゴ砂を敷いています。

こうしてセットしたばかりの水槽、もちろんバクテリアなどいるはずもなく、この状態での飼育がいかに危ういことかは熱帯魚、特にアルカリ性を好む種類を飼育されている方ならおわかりいただけるのではないでしょうか。

ここに「バクテリア 水をきれいにする」を入れてみました。アンプルのようなプラスチックの容器にバクテリアが入っているらしく、これを吸盤で水槽内に取り付けて使うようです。

その効果のほどは……、予想以上のものでした。セット直後にキアトファリンクスを入れ、その日のうちにエサを与えましたが、全く水が濁らず、いたってクリアです。

……それから二ヶ月。ちらほらと茶ゴケは発生するようになりましたが、もう十分に環境は安定しています。そして、あえて一度も水換えをしなかったのですが、キアトファリンクスはすこぶる調子が良いです。バクテリアのもとというのはなかなかの掘り出しものと言えそうです。

キアトファリンクス

2010年4月10日

キアトファリンクス・フルキフェールの幼魚を入手しました。タンガニイカ湖産のアフリカンシクリッドで、強烈な青い輝きが魅力的な種類です。

幼魚のうちは全身が銀色で、しかも目がとても大きく、その上いつも群れを作っているので、なんとなくアジを連想してしまいました。

沈降性の粒状飼料、浮上性の粒状飼料、フレークフードを少量ずつ与えてみたところ、目の前に流れてくれば何でも食べてくれました。ただし、いつも底の方ばかりウロウロしているので、浮いているエサには知らんぷりです。

今は5センチくらいですが、口は想像以上に小さく、かなり細かいエサを選んできたつもりが、やっと口に入るといった具合。しばらくはグッピーフードが主食となりそうです。

サカサオトシン

2010年2月15日

小型熱帯魚のコミュニティータンクへ浮上性のエサを与えたところ、何匹もいるオトシンクルスのうち、一匹だけが水面を逆さに泳ぎながら浮いているエサを探していました。同じ底の生き物では、エビやドクターフィッシュならよく見かける光景ですが、オトシンクルスがやっているのは初めて見ました。

同じ種類を何匹も飼育しながら注意深く観察していると、一匹だけ変わった行動をする個体を発見することがあります。熱帯魚には意外に多くの例外があるようで、何匹も飼ってみて初めてわかることがあったりするのですよね。

CO2キット

2010年2月8日

テトラ社のCO2キット、エーハイムパワーフィルターとも違和感のない美しい外観が気に入って使っています。メンテナンスしながらけっこう長いこと使っていたのですが、さすがにもうダメそうだったので、新しいCO2キットを購入してきました。

さっそくセットしてみると、さすがにCO2の拡散は驚くほどスムーズに。見た目以上に性能はかなり劣化していたようです。CO2はパールグラスのために添加していますが、本当に輝くようなグリーンで、いつも癒されています。

グラミーの鳴き声

2010年1月29日

水槽から軽快な音が聞こえてきます。ただいま午前2時半、照明は消えているので水槽に差し込むのは部屋の明かりしかありません。アヒルのようなカエルのような、なんとも言えない小気味好い音です。

音の主はピグミーグラミー。本来はピグミークローキンググラミーと呼ばれるように、鳴くことで知られる熱帯魚ですが、実際に鳴いてくれるようになるまでは飼いこんで成熟してもらうのに4ヶ月かかりました。